HOPEST FILMs
希望を映す、世界を灯す
HOPEST FILMs
希望を映す、世界を灯す
約束の地
ファインダーの先に見えたのは、
あの頃の自分。
透明な光の中へ
アルプスの光の中へ、
そっと手を伸ばす。

一瞬の輝きを探し続けて

 
フォトグラファーとは、「光を描く人」だという。
その意を知ったのはいつ頃だっただろうか。

23歳の時に、偶然書店で見かけたカメラ雑誌。
イタリアで撮影されたモノクロ写真に心を奪われた。

あれから20年間。
会社員として充実した日々を過ごす中でも、
いつもどこかで光を探していた。

動画全盛のこの時代に、1枚のシャッターを切ること。
それはすなわち、フィルムに時を刻むこと。

もう戻ることのない時間に宿る一瞬の輝き。
僕はこれからも、それを探し続けていきたい。
 

会社員生活の傍ら、光を撮り続けてきた人生。
20年という歳月を振り返り、次のステージへと歩みを進めていきます。

WORKS

2003年〜現在までの作品の一部を公開しております。
是非ブレイクタイムにご覧ください。